飛蚊症対策&予防のサプリメント!ルテイン、アントシアニン、DHA



飛蚊症になってしまったらサプリメントで改善&予防を


【自己紹介】


私は50代のサラリーマンです。

10年程前のある日、視界に黒い点のようなものが映っていることに気づきました。

目をこすっても消えないし、視点を変えてもついてくる。

私生活には影響ないのですが気になって

眼科で診察を受けたところ、診断結果は「飛蚊症」。



飛蚊症の中でも「生理的飛蚊症」に分類され、

放って置いても問題無いとのことで、

医者では薬をもらうことも無く、特別な治療もしませんでした。


飛蚊症を医者で診断


しかしながら、よくよく調べてみると

「飛蚊症を放っておくのは危険な場合がある」

と判明したので、日常生活で様々な対策を継続しています。



そのおかげあってか、10年以上悪化することはありません。

更に、若干ですが黒点は目立たなくなり、

日常生活ではほとんど気づかないくらいまで

改善することができました。


飛蚊症の改善方法


飛蚊症についてあれこれ調査していくうちに、

かなり詳しくなったので、

その調査結果をまとめさせていただきます。



私の飛蚊症改善体験レポートも併せて記載します。

皆様の飛蚊症対策の参考になれば幸いです。




飛蚊症対策&予防のサプリメント!ルテイン、アントシアニン、DHA

−−− 目次 −−−

1.飛蚊症の症状は?

2.飛蚊症は3種類に分類 @生理的飛蚊症

3.飛蚊症は3種類に分類 A目の病気

4.飛蚊症は3種類に分類 B生まれつき

5.飛蚊症の治療方法

6.飛蚊症の予防方法、発生してしまった飛蚊症の悪化を防ぐサプリメントは?

7.日常生活でできる飛蚊症対策




ページトップ


飛蚊症の症状は?


飛蚊症の症状は?


飛蚊症を改善する前に、まずは症状を把握


飛蚊症は、目の水晶体の一部が濁ることで、

視界に蚊が飛んだような小さな黒い点や白い糸が

見える症状です。



よくある症状としては、

・白や黒い糸のようなものが見える

・白や黒い点のようなものが映って見える

・丸い輪が見える

・半透明のモヤモヤが見える

・目の前に蚊のような浮遊物が飛んで見える

・目先を変えても浮遊物がついてくる

・とくに明るい場所ではっきりと見える

があげられます。



一般的には、

「いつからかわからないが、気がついたら薄い黒点が現れていた」

といったような感じで、急激な変化ではないようです。



悪化した飛蚊症を治療する方法


しかし、場合によっては突然濃い線が現れたり、

急に大きな欠点が見えてきたりする場合もありますが、

その場合は危険な飛蚊症の可能性が高いです。




ただし、一般的に飛蚊症は放って置いても心配のいらない

「生理的飛蚊症」が大半です。

しかしながら、中には目の重大な病気のサインであったり、

放っておくと失明してしまうようなものもあるので、

できるだけ早く医者の診察を受ける必要があります。


飛蚊症を改善する方法を詳しく紹介



次からは飛蚊症を3つに分類して、紹介いたします。


@生理的飛蚊症

A目の病気

B生まれつき


ページトップ


飛蚊症は3種類に分類 @生理的飛蚊症


ここでは生理的飛蚊症について解説します。


生理的飛蚊症の症状


飛蚊症の中でも、最も比率が高いのがこの「生理的飛蚊症」です。

明らかに視界に細かな欠点があったとしても、

眼底の検査で異常が無く、

他にも特段悪いところは確認されない場合は、

「生理的飛蚊症」という分類に入るのが一般的です。


生理的飛蚊症は眼底に異常がない


この生理的飛蚊症は、多くの人に現れますが無害のものです。

眼球の中の硝子体は必ずと行っていい程

不透明ではない部分があるので、

ほぼ100%の人が生理的飛蚊症とも言われています。


ただ、完全に自覚するようになるのは、

50〜60歳代になってからが多く、

それ以上の年齢になると、ほとんどの人に現れる症状です。



最初は片目に現れるのが通常ですが、

両目に現れる場合もあります。


年々、数が増えていく人もいれば、

長期間、増えずに変化しない人もいます。


少々の黒点や、薄い白い糸状の欠点程度であれば、

日常生活にも影響はありませんし、

放っておいてもなんら問題はありません。


飛蚊症では硝子体が曇ってしまう


目の中の硝子体という部分は、

透明なゼリー・コラーゲン状でできています。

外から入った光が網膜〜硝子体を通過して、

眼底で受け取った光を脳が感知することで、

色や形を認識します。



その際、紫外線の量が多いと、

硝子体に活性酸素が発生して、タンパク質や脂質が変性、

その変性した硝子体が光を遮ってしまうために

飛蚊症となってしまいます。


また、硝子体の成分は常に少しずつ新しく置き換わっていくのですが、

その変化の際に、一部でシワのようなものができると飛蚊症の原因となります。


いずれも若い頃や、免疫機能が正常ならば

体の中の酵素が、変性部やシワの部分を分解して、

硝子体をリフレッシュしてくれます。



しかし、加齢とともにこういった機能は衰えてくるので、

その結果、変性やシワが残ってしまい、

飛蚊症となってしまいます。


飛蚊症は治療できるのか?


現時点では、この「生理的飛蚊症」は

明確な治療方法は無い
ため、医者でも特別な対応はありません。

強いて言うなら、レーザー治療がありますが、

少なからず副作用もありますので、

よほど症状が強い場合に限ります。


基本的には放置して様子を見るのですが、

様子を見たところで、改善に向かうケースはあまりなく、

少しずつですが増えていってしまいます。


ただ、通常であれば劇的に増えるわけではないので、

そんなに心配する必要はありません。


飛蚊症を抑制するDHA・EPAサプリメント


どうしても回復させたい場合は、

サプリメントの摂取で、少しずつでも軽減する方法も

一つの選択肢です。


サプリメントの詳細はコチラで

ページトップ


飛蚊症は3種類に分類 A目の病気


ここでは飛蚊症の中でも、恐い飛蚊症、

本当に「目の病気がある場合」について解説します。


目の病気がある飛蚊症 網膜剥離や網膜裂孔


目の病気がある飛蚊症とは、

一言でいえば、網膜剥離の予備軍
です。

網膜剥離が起こる前段階として、網膜が剥がれ始めた際に、

視界の一部が損傷する形での飛蚊症です。


このケースでは、すぐに医者に行く必要があります。



硝子体は加齢に伴って、収縮していきます。

硝子体が丸い形を保つことで、網膜に張り付いている形になっていますが、

その硝子体が風船が縮むように小さくなってしまうと、

網膜から剥がれてしまいます。

この症状は近眼の人に発生しやすく、

更には女性に発生するケースが多いです。


網膜剥離につながる飛蚊症


初期に剥離するのは、目の奥側で「後部硝子体剥離」と言います。

後部硝子体剥離がただ単に発生しただけなら、

黒い点や糸くずが見える程度の飛蚊症で、

まだ危機的な状況ではありません。


しかし、この剥離の際に「網膜裂孔」が発生すると、

早急に治療が必要になります。

網膜裂孔とは、硝子体が剥離する際に、

網膜の組織を割いて硝子体出血を引き起こすことを言います。

その際、毛細血管が破れて出血するので、

大規模で範囲の広い飛蚊症となったり、

「網膜剥離」が発生してしまうと、

周辺から視界が失われていきます。


網膜剥離発生


このような網膜裂孔や網膜剥離が認められた場合は、

すぐに手術が必要となります。





目の病気が原因の飛蚊症例としてもう1つ。

ぶどう膜炎があります。


こちらは、後部硝子体剥離〜網膜裂孔〜網膜剥離

とは異なり、目に炎症が起こった場合の症状です。


ぶどう膜炎由来の飛蚊症


ぶどう膜炎は、目に炎症が発生し、

硝子体に濁りが生じるものです。

ぶどうのように硝子体の中に細かい炎症が発生するイメージです。


この炎症が濁りとなり、飛蚊症が発生します。

症状がひどいと、広い範囲で大きな欠点が発生し、

目のかすみや視力低下が伴います。

ぶどう膜炎は主に投薬による治療が行われます。

症状があまりにひどい場合や、網膜剥離が伴ってしまった場合には、

手術が必要になります。


ページトップ


飛蚊症は3種類に分類 B生まれつき


飛蚊症の3つめ。

「生まれつきの飛蚊症」について解説します。



今まで

心配のいらない「生理的飛蚊症」

早急に治療が必要な「目の病気の飛蚊症」

について紹介してきました。

これらは後天性であり、少なからず予防をすることも

発生した後に治療することも可能です。


飛蚊症を医者で治療する方法


生まれつきの飛蚊症とは、胎児の時に発生するものです。

母体の中で胎児の眼球が作られる途中では、

硝子体の中にも血管が通っています。

通常であれば、硝子体が完成するまでに、

これらの血管は無くなっていくのですが、

その血管や血管の組織の一部が硝子体の中に

少しだけ残ってしまう場合があります。



その血管や組織の一部が、濁りとして残り、

飛蚊症になってしまうものです。



この生まれつきの飛蚊症の場合、

子供ながらに蚊のような物を見ていることになります。

もちろん、気にはなりますが、

実生活に支障が無いのであれば、

特別な治療はしません。


通常であれば、この飛蚊症は大きくなることも、

悪化することもほぼありません。


眼科で視力検査

ページトップ


飛蚊症の治療方法


飛蚊症の治療方法は、その症状によって異なります。

医者で行う治療方法について紹介します。





飛蚊症の診断は、主に眼底検査で判別され、

それによって治療方法も異なります。




まずは「生理的飛蚊症」の治療方法について。

この症状に関しては明確な治療方法が確立されておらず、

それに特化した治療は行いません。


そのため基本的に薬や点眼薬も提供されることはありません。

強いて言うなら、疲れ目用の点眼薬が提供されるかもしれませんが、

事実上、飛蚊症の改善効果はありません。


飛蚊症に点眼薬は効果なし


どうしても飛蚊症が気になる場合は、

レーザーで硝子体の曇っている部分を分散させて、

飛蚊症を軽減する方法があります。


また、硝子体の濁っている部分を除去する方法もありますが、

リスク面からほとんど行われていません。


他には、涙の流れを悪くするような薬を投薬している場合は、

それを中断するといった方法もあります。



いずれも生理的飛蚊症を改善するにはリスクが大きいので、

一般的には放置して、自然に治癒するのを待つことになります。


その際、サプリメントを使用すると、

少なからずその改善速度が速くなるといった書き込みも

あるのが実情です。

詳細はコチラで





次に「目の病気」の治療方法について。

目の病気起因の飛蚊症には、主に

1)後部硝子体剥離〜網膜裂孔〜網膜剥離

2)ぶどう膜炎

があります。



まず、

1)後部硝子体剥離〜網膜裂孔〜網膜剥離

については、発症した場合手術が必要になります。


網膜が破れている部分にレーザーを照射して固め、

それ以上網膜が破れないようしたり、

破れた部分を塞いだりします。


網膜剥離の場合は、本格的な手術が必要で、

シリコンスポンジを使用したり、硝子体を除去する手術があります。




次に

2)ぶどう膜炎

については、主に投薬による治療が行われます。

糖尿病を発生している場合は、症状が悪化することもあり、

網膜剥離に進行するケースもあります。

その際は手術が必要になります。



目医者で屈折率検査を実施

ページトップ


飛蚊症の予防方法、発生してしまった飛蚊症の悪化を防ぐサプリメントは?


私の場合は生理的飛蚊症だったので、

加齢に伴う硝子体の老化が原因と考えて間違いありません。

生理的飛蚊症の改善には、硝子体を若返らせる必要が

あると考えました。


自宅で目の病気を治す方法


網膜や水晶体に含まれるルテインやゼアキサンチン、

アントシアニンといった、目に直接関係のある成分。

アンチエイジングに効果が期待できる、

ビタミン群やマルチカロテン成分、DHA等の成分。

これらを中心にサプリメントによる補給を心がけました。



実は、これらの成分は「目の病気」起因の飛蚊症にも

メリットがあるとのことです。

改善を見込んでサプリメント摂取を継続するのも

非常に良いことと思います。



いずれも天然成分由来のサプリメントなので、

副作用の心配もほとんど無く、

安心して継続することが出来ます。

もちろん、私自身も副作用はありませんでした。



では、順番に紹介していきます。



○ルテイン


飛蚊症を改善するルテイン


目の網膜、特に黄斑部や水晶体にも存在する色素。

このルテインを摂取することで、

網膜や水晶体が健康な状態になると言われています。


黄斑部に存在するのは、ルテインだけでなく、

ゼアキサンチンという成分も存在しています。

これらの成分はマリーゴールドに含まれており、

マリーゴールド由来のルテインサプリならば、

ルテインとゼアキサンチンの両方がまとめて摂取できます。


ルテインもゼアキサンチンも、

黄斑部に含まれるただの色素であるだけではなく、

強い抗酸化作用があるので、目の老化にも有効です。


ルテインを1日に10μg程度の摂取を続けると、

飛蚊症だけでなく白内障や、加齢黄斑変性症の

発症率が極めて低くなるとの研究結果もある
ほどです。






○アントシアニン


飛蚊症や疲れ目に効くアントシアニン、ブルーベリー


ブルーベリーをはじめとした、

ベリー系の植物に含まれることで有名な成分。

アナタも通販等で少なくとも1回は聞いたことがあると思います。

アントシアニンは眼底部の色認識成分である

ロドプシンを活性化し、視覚機能を高める作用もあります。

更には眼精疲労をいやし、抗酸化作用もある優れものです。

疲れ目を防ぐことで、飛蚊症対策にも
有効です。



○ビタミンE


飛蚊症に改善が期待できるビタミンE


ビタミンEは抗酸化成分で、活性酸素による

硝子体の劣化抑制
が期待できます。

更にはマリーゴールドやブルーベリー成分の安定化や

吸収促進もあります。

もちろん、硝子体の劣化抑制で飛蚊症対策にもなります。



○ビタミンC


飛蚊症に抗酸化で改善が期待できるビタミンC


健康によく、体の抵抗も高まると言われるビタミンC。

免疫作用を高め、水晶体の老化を明確に予防する働きがあり、

眼病予防にもなります。

生野菜不足なら、飛蚊症対策として積極的にサプリメントで摂取が必要です。




○βカロテン(ビタミンA)


緑黄色野菜でビタミンAを補給して眼病予防


カロテン類は体内でビタミンAに変化し、

抗酸化作用で、目の酸化老化を予防してくれます。

目の粘膜・網膜を健康に保つ役割もあり、

眼病予防には欠かせない成分
です。

飛蚊症の人には必須な成分の一つです。




○DHA


DHA・EPAで血流改善して飛蚊症予防


DHAはイワシなどの青み魚に含まれる成分。

「肉よりも魚を摂取しましょう!」とは、

このDHAをはじめとするサラサラ成分のためですね。


DHAは悪玉コレステロールを駆逐し、

血管の流れを改善してくれます。

当然、目の周辺の血流も良くなるので、

毛細血管破れによる眼底出血も予防してくれ、

飛蚊症をはじめとした眼病予防に有用
です。


更には老化に効き目がある活性物質でもあり、

体にも目にも良いことづくめの成分です。



○ビタミンB群


ビタミンBで疲労回復と眼精疲労回復


ビタミンB群は疲労回復成分の代表。

ビタミンB群をしっかり摂取するだけで、

翌朝の疲労感がぜんぜん違うのが体感できます。

眼精疲労・ドライアイなどにも効果があり、

飛蚊症の対策にも欠かせない成分です。



○メグスリノキ


メグスリノキ


メグスリノキはカエデ科の落葉樹。

樹皮にはロドデンドロール、トリテルペン、カテキン等の

有効成分が含まれており、眼病予防、視神経活性化の効果があることが

研究により実証されています。

かすみ目、疲れ目予防や抗菌作用などもあり、

飛蚊症の対策としてもしっかり抑えておきたい
成分です。





これだけの成分をサプリメントで補おうとすると、

全て揃えるだけで1万円は超えてしまいます。


ところがこれらを網羅しているのサプリメントが、

みやびのビルベリープレミアムαです。


ビルベリープレミアムは目に良い成分がたくさん


栄養機能食品として、目の老化対策に

本気で取り組んだ結果が現れている製品です。

そんなサプリメントがなんと、1日あたり

たったの50円で入手することができるのです。



ビルベリープレミアムαはこちらで買うと最安値です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://shop-miyabi.com/lp/bilberry/




私は飛蚊症改善&悪化対策として

上記のサプリメントを継続摂取しました。

その効果あってか、飛蚊症を軽減することができました。


ビルベリープレミアムは目に良いサプリメント


サプリメントを摂取すれば「絶対に改善する」

というわけではありませんので、その点はご了承をお願いします。

あくまで、回復を補助するととらえて、

地道に継続するのが良い方法です。


ただし、このビルベリープレミアムαは、

疲れ目や、かすみ目にも抜群の体感があります。

普段から疲れ目も気になる方には、

本当にオススメのサプリメントです。


ページトップ


日常生活でできる飛蚊症対策


もちろん、日常生活でできる飛蚊症対策も忘れてはいけません。


○食べ物に気をつける


食べ物に気をつけて眼病予防


サプリメントのところでも紹介しましたが、

ビタミンCやビタミンAを含む緑黄色野菜。

緑黄色野菜はルテインも摂取できるので、

積極的に取り入れたいです。

また、黒ゴマに含まれる成分も、目に良いとされます。




○サングラス


サングラスで眼病予防


UVカットで悪化を予防しましょう。

UVで硝子体に活性酸素が発生し、

飛蚊症が発生しやすくなります。

また、紫外線を浴びた翌日は目も疲れて

飛蚊症が強く見える場合もあります。

そういった意味でも飛蚊症に効果はあります。



○よく眠る


ぐっすり眠って目を大切に


たっぷり眠ると新陳代謝が良くなり、

当然、硝子体の回復にもメリットがあります。

夜遅くまでスマホをいじっていると、

ブルーライトやUVで目が疲弊し、

飛蚊症にも良いことはありません。

サラリーマンにはなかなか難しいことかもしれませんが、

目を休めることが、最高の治療になります。




○目薬


目薬で疲れ目予防


目薬は疲れ目、ドライアイに有効ですよね。

飛蚊症に直接的な改善効果はありませんが、

疲れ目や、ドライアイの回復には優良ですね!



○コンタクトを外す


コンタクトのつけ過ぎは目に良くない


コンタクトをしているからと言って、

飛蚊症になりやすいことはありません。

しかし、目に負担がかかっていることには

間違いなく、コンタクトは最低限の使用に

とどめましょう。




発生してしまった飛蚊症には

このビルベリープレミアムαをお試しください。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://shop-miyabi.com/lp/bilberry/


目のために長いおつきあいをどうぞ。


ページトップ

FX業者