網膜の中から抗酸化作用を発揮できるアスタキサンチンで飛蚊症対策


目にとっての究極の抗酸化成分

アスタキサンチン


アスタキサンチンで飛蚊症対策を!


アスタキサンチンって、

あまり耳にしない成分かもしれませんが、

目にとっての最高の抗酸化成分であると同時に、

飛蚊症対策にもぜひ摂取しておきたい成分です。




アスタキサンチンは赤い色素で、

赤い生き物・・・サケ、エビ、カニなどに

含まれるカロテノイドのうちのひとつです。


赤い成分というと、トマトの抗酸化が有名ですが、

このアスタキサンチンの赤も

目にとっては、最高の抗酸化成分です。



例えばサケ。

サケは他の魚には無い、珍しい赤色をしていますよね。


サケは本来白身魚であって、

タラのように真っ白な筋肉をしています。

しかし、激しく泳ぐため活性酸素が発生しやすく、

それを除去するためにアスタキサンチンを大量に保有して、

あのように赤い身になっているのです。


さらに、メスはたまごにそのアスタキサンチンを預け、

たまごが酸化しないようにしています。

たまごに強い陽の光が当たっても、

遺伝情報が破壊されないようにアスタキサンチンで守っています。

だからいくらは真っ赤なんですね。



アスタキサンチンにはそういった素晴らしい抗酸化作用があるのですが、

それらもカラダの中に取り込まれなければ、

抗酸化作用が期待できません。




目の関門を通過するアスタキサンチン


実際、脳や目には「関門」と呼ばれる、

必要な成分だけを選別する関所があります。

選ばれた成分だけが目や脳に運ばれるのですが、

このアスタキサンチンはその選ばれし成分なのです。


アスタキサンチンが目の中にたっぷり運ばれれば、

目は日光やUVで発生する活性酸素のダメージを受けること無く、

当然それは飛蚊症の予防につながります。


飛蚊症、特に網膜の部分に有効に作用して、

目を健康に保ってくれるのです。




ところで、このアスタキサンチン、

1日にどれくらい摂取すると良いのでしょうか?


一般的には5〜6mg以上摂取すると、

明らかにピント調節が早くなったり、

目の疾患にもかかりにくいと言われています。

当然飛蚊症も同様です。



ですが5mgを食べ物で摂取するには、


鮭なら200g以上

カニなら500g以上

エビなら600g以上


摂取が必要です。

鮭200gならまだ食べれなくもないですが、

カニやエビをそんなに大量には食べれません。


鮭にしても、毎日そんなに食べるのは難しいと思います。

となるとやはり、サプリメントの出番です。


一番手っ取り早いのがDHCのサプリメントです。

1ヶ月分が1360円で、

1日あたりで9mg摂取できます。

さすがDHC!って感じで、

コストパフォーマンスでも他を寄せ付けません。

他のメーカーさんのだと、

2000円くらいになってしまいます。








もう一つオススメが、みやびのビルベリープレミアムα。


ビルベリープレミアムでアスタキサンチンを摂取して飛蚊症回避


ビルベリープレミアムにはアスタキサンチン1mg含まれていて、

ルテインやアントシアニン、その他目に良いビタミン類や

ミネラル分をまとめて摂取することができます。



ビルベリープレミアムでスッキリ視界になりたい人は

こちらをクリック!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
https://shop-miyabi.com/lp/bilberry/




飛蚊症対策&予防のサプリメント!ルテイン、アントシアニン、DHA トップページ

FX業者